パラリンピック卓球日本代表

別所キミヱ(べっしょ・きみえ)

女子クラス5、世界ランキング7位(2017年1月現在)。広島県出身、兵庫県在住。世界最高齢プレーヤーの69歳。パラリンピック4大会連続出場のレジェンド。明るい性格、持ち前の元気はテレビのバラエティー番組でも好感を呼び、パラ卓球の普及にも尽力している。このまま行けば、2020年も代表獲得も充分あり得る。実現すれば72歳でのパラリンピアンが誕生。生きる人全てに勇気と力を与える存在に。兵庫県立スポーツ交流館所属

パラ卓球に大きな支援を

別所キミヱ選手からのメッセージ

 バタフライマダムの別所キミヱです! リオでは本当にたくさんの応援ありがとうございました。今、私の夢は、卓球場がほしいということがあります。それはなぜかと言いますと、やはり、そこにはみんな練習する場所がなくて、そこの場所にいろんな人がたくさん集まってきてもらって、その中で、皆さんとの交流を深めながら練習もたくさんできて行くというのも、私の夢の中にあります。そしてまた、今のパラ選手は、海外に行く支援金、資金面とか、またコーチ付け(自分のコーチを付けること)についても、お金にたいへん苦労しながら、働きながら、頑張っている選手もたくさんいます。そういった中で、ほんまに皆さんの応援を待っております。よろしゅうお願いします!