Para-Swimming
身体障がい者水泳

日本身体障がい者水泳連盟

Report

名コーチのもと、切磋琢磨(毎日新聞東京本社社会面より)

 パラ競泳の小池さくら選手は、五輪選手らを輩出する埼玉県蓮田市のスイミングクラブで練習に励んでいます。通い始め、400メートル自由形の自己ベストを20秒余り縮め、現在は日本記録を持つ小池選手ですが、当初は練習についていけるか不安で、「泣きながら行っていたこともある」と言います。大きな飛躍を遂げた理由は?

 この記事は、下のリンクから読めます。

 CONNECT・つなぐ 東京パラリンピック点描・2017秋/下 名コーチのもと、切磋琢磨(毎日新聞東京本社社会面 2017年11月29日)

(情報と写真は、毎日新聞社。2017年12月25日更新)

    Donation寄付はこちらから