Blind Judo
視覚障害者柔道

日本視覚障害者柔道連盟

Report

3月11日に東京・中野で対話イベント

 リオパラリンピック男子監督で、日本視覚障害者柔道連盟の遠藤義安理事や、事務局スタッフ、連盟所属の選手らが、来場者や子どもたちと対話する催しが、3月11日(土)の10時〜17時、東京都中野区のコングレスクエア中野B1Fコンベンションホールで開かれます。選手たちは、イベント終了後の懇親会(会費3000円)にも参加します。競技に関する事だけではなく、さまざまな質問や要望など直接投げかけていただければ、と思います。

 この催しは、昨年度より連盟を応援してくださっているコモンズ投信(株)の商品「コモンズ30ファンド」の発売8周年を記念して開かれます。午前10時からで、午前中が運用報告の部、午後13時からは対話の部とがあり、監督と事務局スタッフは午後16時15分から登場します。コモンズ投信は、障がい者スポーツをファンドの運用からの信託報酬の約1%を寄付する方法で応援するプログラム「コモンズPOINT」を2015年から設定し、連盟は昨年度に続き、今年度も応援先団体として選んでいただきました。

 会場横のスペースにて同時開催される「こどもトラストセミナー」では、14時からリオパラリンピック日本代表の半谷静香選手と石井亜弧選手、若手のホープ斉藤大起選手が「”みる”を知る」というテーマで子どもたちと一緒に、日常生活で”見えない”ことはどういう事なのかについて話したり、素朴な疑問に答えたりします。

 このほか、会場内にブースを置き、パンフレット配布や寄付についての説明をさせていただきます。

 問い合わせ・申し込みは、コモンズ投信(株)へ。
 電話:03-3221-8730 (平日9時〜17時/土曜、日曜、祝日は除く)
 Web : http://www.commons30.jp/seminar/

石井亜弧選手
斉藤大起選手
半谷静香選手

(情報と写真は日本視覚障害者柔道連盟提供。2017年3月3日更新)

    Donation寄付はこちらから