Blind Judo
視覚障害者柔道

日本視覚障害者柔道連盟

 嘉納治五郎師範によって、1882(明治15年)に「講道館柔道」が創始されて以来、瞬く間に日本全国はもとより世界中に広まり多くの愛好家を生み出してきました。柔道は健常者と視覚障害者が、あまり工夫をせずに練習や試合ができることから、視覚障害者が健常者の中に混じって練習をしていたという古い歴史を持っています。

 視覚障害者の柔道は、基本的に健常者の柔道とあまり異なりません。段位は、健常者同様、講道館で取得します。また、競技は障害の程度によって区分せず、体重別で、試合規定は、国内大会も、国際大会も全てIJF(国際柔道連盟)審判規定、IBSA(国際視覚障害者スポーツ協会)柔道試合規則及び大会申し合わせ事項によって行われます。この規定と異なる内容は次の3点です。

(1)試合は両者がお互いに組んでから主審が「はじめ」の宣告をする。

(2)試合中両者が離れたときは主審が「まて」を宣告し、試合開始位置に帰る。

(3)場外規程は基本的に適用しない。但し、故意に利用した場合には、障害の程度に関係なく適用されることがある。

Message

日本視覚障害者柔道連盟 理事

初瀬勇輔(はつせ・ゆうすけ)

組んで始める工夫で、健常者と一緒に鍛錬できる障害者スポーツ

1980年、長崎県生まれ。青雲学園中・高を経て中央大法学部法律学科に進学。弁護士を目指していた在学中、緑内障から視覚障害に。その後、高校時代に打ち込んだ柔道を再開し、2008年北京パラリンピックに出場。10年広州アジアパラ競技大会柔道90キロ級金メダル(2連覇)。11年に障害者の雇用や社会進出に貢献するため、ユニバーサルスタイルを設立。全日本テコンドー協会や日本パラリンピアンズ協会の理事も務める。

Message 

Schedule

  • Date
    Event etc
    Place
  • 2016年5月4日
    リオデジャネイロ・パラリンピック柔道競技
    日本代表候補選手選考大会
    講道館
  •   

Report

視覚障害者柔道のPRビデオが完成しました!

 日本視覚障害者柔道連盟のPR動画が完成いたしました! とても素晴らしい仕上がりになっていますので、皆さん、ぜひご覧ください。

Read More