Hockey
ホッケー

日本ホッケー協会

Report

「女子日本代表に出場権」への期待高まる

 来年のリオデジャネイロ・オリンピックへの女子ホッケーの出場権は12カ国(ワールドリーグセミファイナル各ラウンド上位3位+5大陸の優勝国+開催国)に与えられることになっています。現状では、以下のような状況です。

2015ワールドリーグセミファイナル女子

※WRは、世界ランキング。黄色は、五輪出場権獲得済み

スペインラウンド(2015年6月10日〜21日)
順位 国名 WR ポイント
1位 イギリス 8位 1412
2位 中国 7位 1433
3位 ドイツ 6位 1438
4位 アルゼンチン 3位 1818
5位 アメリカ 5位 1440
6位 スペイン 15位 844
7位 南アフリカ 11位 1121
8位 アイルランド 14位 855
ベルギーラウンド(2015年6月20日〜7月5日)
順位 国名 WR ポイント
1位 オランダ 1位 1938
2位 韓国 9位 1369
3位 オーストラリア 2位 1848
4位 ニュージーランド 4位 1575
5位 インド 13位 949
6位 日本 10位 1345
7位 ベルギー 11位 1094
8位 イタリア 16位 653

 ワールドリーグセミファイナルの上位国と、5大陸大会の優勝国が重なった場合は、セミファイナルの順位により、繰り下げてリオ五輪への出場権が与えられます。

 5大陸大会の結果と、今後の日程は以下の通りです。

  • アジア大会
    2014年9月20日〜10月4日(韓国・仁川)韓国 優勝
  • パンアメリカン
    2015年7月10日〜24日(カナダ・トロント)アメリカ 優勝
  • ヨーロッパ
    2015年8月22日〜30日(英国・ロンドン)
  • アフリカ
    2015年10月17日〜25日(エジプト・イスマイリア)
  • オセアニア
    2015年10月17日〜25日(ニュージーランド・ストタットフォード)

 つまり、韓国、アメリカは各大陸大会の優勝で、既に出場権を得ていることになります。さらに、開催国ブラジルは、同国オリンピック委員会で、女子ホッケーは出場しないと決定したという情報があり、国際ホッケー連盟のホームページによると、「開催国枠の出場権はニュージーランドに移った」と書いてあります。

 国際ホッケー連盟は11月9日、各国オリンピック委員会と各国競技団体宛の出場枠通知することにしています。未開催の各大陸大会(ヨーロッパ、アフリア、オセアニア)では、アフリカ以外は、セミファイナルの上位国が優勝する可能性が高いと言えます。

 リオ五輪の出場権を得られるのは残り3カ国。アフリカ大会の優勝国は、そのまま出場権を得ますので、残り2枚。ヨーロッパでイギリス、ドイツ、オランダのいずれかが優勝すると、出場権を得ていない国で最上位(5位)のインドがまず出場権を獲得します。また、オセアニアでオーストラリアかニュージーランドが優勝した場合、残り1枚は、6位同士の争いとなり、世界ランキング10位の日本が、もう一方の6位スペイン(世界ランキング15位)を上回るので、日本に出場権が与えられることになります。

(情報と写真は、日本ホッケー協会提供。2015年8月12日更新)

    Donation寄付はこちらから