Bobsleigh Luge Skeleton
ボブスレー リュージュ スケルトン

日本ボブスレー・リュージュ・スケルトン連盟

寄付はこちらから

 いずれも氷のコースをソリで滑走する競技です。

 ボブスレーは前方にハンドル、後方にブレーキがある鋼鉄製のソリを使います。木材運搬用などだったものを競技用に改造しました。1924年の第1回冬季五輪で正式採用された伝統競技で、現在は男子2人乗りと4人乗り、女子2人乗りの種目があります。自然の地形を利用したコースがスピードが出過ぎて危険なため、現在は急斜面に多くのカーブを設けた人工コースを使用しています。

 うつ伏せでソリに乗り、頭から滑るスケルトンは、氷上を時速100キロ超で滑るエキサイティングなスポーツです。五輪は28年と48年、いずれもサンモリッツ大会で正式種目になった後に途絶え、2002年のソルトレークシティー大会で復活。この大会で、越和宏選手が8位に入賞しました。

 リュージュは仏語で「木ゾリ」。五輪は64年のインスブルック大会で正式種目となり、現在は男子1人乗りと2人乗り、女子1人乗りがあります。ブレーキやハンドルはなく、ソリに仰向けで寝て水平なフォームを保ちながら、足首でソリを操縦します。日本は五輪初参加の札幌大会で、男子2人乗りの荒井理選手、小林政敏選手が4位、女子1人乗りで大高優子選手が5位入賞を果たしました。

Message

ボブスレー女子日本代表チーム

本間南(ほんま・みなみ)、浅津このみ(あさづ・このみ)、川崎奈都美(かわさき・なつみ)、押切麻季亜(おしきり・まりあ)

活動資金さえあれば世界と十分に戦えるはず

本間南(ほんま・みなみ)※左上
 1986年生まれ。横浜市出身。千葉県成田市立玉造小学校所属。横浜国立大卒。競技歴とベスト記録は、陸上競技(短距離)12年、国体4×100mリレー6位。2013全日本ボブスレー選手権優勝。

浅津このみ(あさづ・このみ)※右上
 1986年生まれ。島根県出身。下町ボブスレー合同会社所属。中央大卒。競技歴とベスト記録は、陸上競技(七種競技)5480点。

川崎奈都美(かわさき・なつみ)※左下
 1988年生まれ。神奈川県出身。フィールド・マネジメント所属。東海大卒。競技歴とベスト記録は、陸上競技100メートル障害、神奈川県大会上位進出。ボブスレーは、全日本選手権2位。

押切麻季亜(おしきり・まりあ)※右下
 1994年生まれ。北海道出身。ぷらう所属。北海道帯広南商業高卒。ボブスレーは6年目で、ベストタイムは54秒81(長野スパイラル)。

Message 

Schedule

※TCMは、チームキャプテンズミーティング

    ボブスレー

  • Date
    Event etc
    Place
  • 2015年9月20日
    全日本プッシュボブスレー選手権大会
    長野市スパイラル
  • 2015年12月18日〜20日
    全日本ボブスレー選手権大会
    18日:TCM 19日:公式練習 20日:競技
    長野市スパイラル
  • 2016年1月23日〜24日
    JOCジュニアオリンピックカップ競技会
    23日:公式練習 24日:競技
    長野市スパイラル
  • 2016年1月23日〜24日
    JBLSFチャレンジカップ大会
    23日:公式練習 24日:競技
    長野市スパイラル

    リュージュ

  • Date
    Event etc
    Place
  • 2015年12月21日〜25日
    リュージュアジアキャンプ(一般滑走と並行実施)
    長野市スパイラル
  • 2015年12月24日〜26日
    全日本リュージュ選手権大会
    24日:TCM 25日:AM公式練習 26日:AM競技
    長野市スパイラル
  • 2015年12月24日〜26日
    JOC ジュニアオリンピックカップ
    24日:TCM 25日:AM公式練習 26日:AM競技
    長野市スパイラル
  • 2015年12月25日〜27日
    リュージュアジアカップ大会
    25日、26日:AM公式練習 27日:AM競技
    長野市スパイラル
  • 2016年1月23日〜24日
    JBLSFチャレンジカップ大会
    23日:公式練習 24日:競技
    長野市スパイラル

    スケルトン

  • Date
    Event etc
    Place
  • 2015年9月20日
    全日本プッシュスケルトン選手権大会
    長野市スパイラル
  • 2015年12月11日〜12日
    全日本スケルトン選手権大会 予選会
    11日:TCM 12日:予選会
    ※通常の練習滑走を活用。13日は予備日
    長野市スパイラル
  • 2015年12月25日〜27日
    全日本スケルトン選手権大会
    24日:TCM 25日:PM公式練習 26日:PM競技
    長野市スパイラル
  • 2015年12月23日〜24日
    JOCジュニアオリンピックカップ競技会
    23日:公式練習 24日:競技
    長野市スパイラル
  • 2016年1月23日〜24日
    JBLSFチャレンジカップ大会
    23日:公式練習 24日:競技
    長野市スパイラル

Report

記者から転身、オリンピック2大会出場の中山が引退(毎日新聞東京本社朝刊運動面より)

 長野県の地方新聞「信濃毎日新聞」の記者から転身し、2002年ソルトレークシティー、06年トリノの両冬季オリンピックに出場した中山英子選手が、2016年12月にあった全日本選手権後、競技の一線から退くことを明らかにしました。

Read More